実は違う?沖縄料理と琉球料理

沖縄料理と琉球料理は同じじゃないの?

沖縄の昔の名前が琉球であったことから、沖縄料理と琉球料理を同じものだと考える人も多いのではないでしょうか。しかし、沖縄料理と琉球料理には明確な違いがあります。沖縄料理というのは第二次世界大戦後、アメリカの占領下におかれたことが影響でアメリカから入ってくるようになったランチョンミートやケチャップなどを使ってできた料理のことです。これに対し、琉球料理とは古くから沖縄で受け継がれている伝統料理のことであり、沖縄でつくられた材料のみを用いてつくられる料理です。また、沖縄では昔中国との交流が盛んだったため、琉球料理は中国料理の影響を強く受けていて、油や豚肉をふんだんに使っていることもその特徴の一つです。

沖縄料理と琉球料理は具体的にはどういうもの?

それでは、どの料理が沖縄料理でどの料理が琉球料理なのでしょうか。沖縄料理はタコスの具材をご飯に乗せた「タコライス」やランチョンミートを用いてつくられたオムレツのような「ポーク玉子」が有名です。琉球料理は豚の骨つきあばら骨の入ったそば、「ソーキそば」や茹でた沖縄の三昧豚を使ったまぜこぜ料理「チャンプルー」などが有名です。沖縄料理でも「ゴーヤチャンプルー」は存在しますが、沖縄の豚を用いる代わりにランチョンミートを用いて作ります。
また、琉球料理には庶民料理と宮廷料理が存在し、宮廷料理は琉球王朝時に発展した料理であり、中国からやってくる使者をもてなすためにできました。庶民料理は高温多湿な沖縄の気候に合わせてつくられた栄養価の高い料理です。