沖縄旅行で欠かせない!沖縄の名物料理

肉関連の沖縄名物料理

沖縄とは肉に関連する名物料理がたくさんある事で知られます。まず、豚肉料理が多くてソーキそば・八重山そば・宮古そばなど各地のそばは野菜ではなく豚肉がのっているのが大きな特徴です。また豚肉に関しては、昔からせっかく命を頂く以上は隅々まで食べ尽くさなければならないという考え方のもと、様々な部位を食べる文化があります。その中でも豚の耳の皮を意味するミミガーは、1990年代に本州の人達の間でも有名な存在となり、今ではすっかりおなじみの豚関連料理となりました。また、石垣島や周囲の離島では石垣牛というブランド牛が飼育されている事もあり、島の中には石垣牛関連の飲食店がたくさん出店しています。ステーキ店・焼肉店が中心ながら寿司屋や和風居酒屋で提供されている石垣牛の握り寿司も人気です。

肉関連以外の名物料理

続いて肉(動物の肉)とは関係ない名物料理に関しては、海産物系だともすぐ酢や海ぶどうが1品料理として高い人気があって幅広い飲食店にて安く提供されています。また、寿司屋やでは一般的なネタだけではなく島魚をネタにした寿司も提供されていて美味しいと評判です、続いて、居酒屋では揚げ物が人気で、肉だけでなく様々な野菜や魚を天ぷら・唐揚げにして食べる文化があります。具体的にはグルクン(タカサゴ)の唐揚げなどが有名です。農産物系だと大豆ではなく落花生(ピーナッツ)を原材料にしたジーマミー豆腐の評価が高く、もすぐ酢・海ぶどう同様に一品料理の定番になっています。ご飯ものだと本州ではなかなか見かける事がないイカスミチャーハンが観光客の間で人気です。